伊勢春慶の特徴
 
伊勢春慶の歴史
オーソドックス春慶
 
伊勢春慶の工程
カジュアル春慶
伊勢春慶に出会える店
 
伊勢春慶の会
 
伊勢春慶デザイン工房

 

 かつて伊勢春慶が河崎で盛んに作られていた頃、河崎の町は勢田川の水運を活かした問屋街として“伊勢の台所”と呼ばれるほど賑わっていました。
 近年、当時建てられた商家の蔵や町家を活かしたまちづくりが進む中で、伊勢春慶は再発見されました。河崎でまちづくりを進める人、伊勢春慶を今も大切に使っている人、かつて伊勢春慶を作った経験のある指物師や塗師、漆器の持つうるおいや温もりに興味を覚える人などが集まり、平成16年1月、伊勢河崎商人館で「里帰り伊勢春慶展」を開催。
 皇學館大学の学生や大学院生たちが伊勢春慶の歴史・民俗学的な調査研究を行い、豊富な実物資料や写真などとともに展示。また、現代の生活に伊勢春慶を活かすアイデアを提案したり、職人の実演などさまざまな催しも行ったところ、若い人たちを含む来場者から大きな反響を得ました。
 そこで、伊勢春慶を本格的に復活・再生しようと同展の実行委員会が母体となり、平成16年5月に「伊勢春慶の会」を設立しました。

●主な目的
かつて栄えた漆器「伊勢春慶」の復興を行い、新たな産業とと雇用を創出し、伊勢地域の活性化につなげる。
●主な事業
1)新商品事業
オーソドックス春慶 
 伝統的な物を中心にした春慶の再生
カジュアル春慶 
 伝統の良さを継承し、顧客視点に立った現代性を持ったデザイン性のある製品
2)特注対応事業……オーダー製品の製作
3)再生事業……古い春慶の修復(塗り直し)
4)保存事業……古い伊勢春慶の保存と販売
5)伊勢春慶の技術の継承と育成
6)伊勢春慶の調査と研究
7)情報の発信
●問い合わせ先
 TEL&FAX 0596-29-1285
 

現代の人に合う伊勢春慶を

 素朴な実用の美やぬくもりがある伊勢春慶の良さを多くの人びとに再発見していただき、地元の工芸として再び再生していくことを願って、「伊勢春慶の会」が発足しました。伝統的な春慶とカジュアル春慶を商品化し、伊勢春慶を通じた暮らしの提案を行っていきたいと考えています。

   伊勢春慶の会会長 村田 典子

 
会の活動をビデオでご覧いただけます。
 
「甦れ地場物産 伊勢春慶」
 
(制作=長尾正男、2005年) *第4回なごやまちコミ映像祭優秀賞受賞作品

 

 伊勢春慶の会が特に力を入れているのは、新商品の開発と販売です。
 伝統ある定番の伊勢春慶を現代的な感覚で復活させるとともに、若い人たちが気軽に楽しめる新しい伊勢春慶も開発するため、京都工芸繊維大学造形学部意匠科の西村ゼミと共同研究を実施。西村助教授と学生5名が数度にわたり伊勢を訪れて職人の技に触れ、伊勢春慶の会のメンバーとのディスカッションを通してデザインアイデアを検討しました。
 こうして誕生したオーソドックス春慶とカジュアル春慶は、平成18年春、河崎にある伊勢河崎商人館の商人蔵に伊勢春慶SHOPのブースを設け、商品の展示・販売をいたします。